株式会社幸成

リフォームの関連情報

リフォームとは、居住の改築や改装のことで、特に内外装の改装を差す和製英語。 英語の reform は「改心する、改正する」もしくは広く「作り直す」の意であり、日本語の「住宅リフォーム」に相当する語は renovation、refurbish である。また、建築業者の中には「リフォーム」ではなく、「家を作り直す」との意を込めて「リホーム」 (rehome) としているところもある(これも和製英語)。
※テキストはWikipedia より引用しています。

東京のマンションで大規模修繕を行う場合、管理会社も選択肢の1つに入ります。日頃から馴染みのある担当者がサポートしてくれるので安心感は強いです。大規模修繕はめったに行わないので、信頼関係のある管理会社なら不安が軽減されます。管理会社にすべて一任することで管理組合の負担も減ることになります。他の業者に頼まないなら見積もりを取る必要もなく、契約までスピーディーに進めることができるでしょう。理事会や修繕委員が多忙で話が進まないなら特に良い選択肢になります。大規模修繕が完了した後も不具合があればすべて管理会社への相談になります。きちんと行われていても不具合が発覚するのは珍しいケースではありません。管理会社なら普段の管理業務と同様にフォローしてくれます。大規模修繕工事を頼む際に注意したいのが工事の価格です。付き合いのある管理会社は積立金も把握しています。見積もりが出た際に正確な金額ではなく大まかな金額を提示されることは少なくありません。管理会社も利益を得ないといけないので、いくら上乗せで工事を発注しているのかはわかりません。また、他社を検討せずに付き合いのある管理会社に頼めば競争原理が働きません。管理会社は他社と比較されないので費用を下げる必要がありません。結果的に割高で工事を請けてしまうことにつながります。どうしても東京の管理会社に依頼したいなら外部のコンサルタントを起用しましょう。見積もり金額や工事内容を精査するので割高な費用かどうかすぐ分かります。東京での大規模修繕は下請けの工事業者が行うことがケースとして多いです。しかし、管理会社と下請け会社が馴れ合っていれば、元請けである管理会社のチェックが緩くなってしまいます。これでは問題なく工事が行えているか分かりません。できれば外部の第三者による施工品質を正確にチェックしてもらってください。修繕による積立金は無駄にしてはいけません。成功させるために管理会社にするか他社にするか情報収集の上、最適な進め方を決めましょう。東京のマンションの規模や管理組合の性格によっても適した方法は異なります。
【関連情報:大規模修繕 東京