うるま建設

外構工事、エクステリア工事をご検討中なら、創業51年、実績豊富なうるま建設にお任せください。東京では大田区・世田谷区を中心に、神奈川では相模原市にて施工を承っております。 大手ハウスメーカー下請け業者であり、自社スタッフによる直工事が可能なため、低価格な外構工事が可能です。

外構の関連情報

外構(がいこう)とは、居住、生活する建物の外にある構造物全体を指す言葉である。それには門、車庫、カーポート、土間、アプローチ、塀、柵、垣根、などの構造物、それに庭木、物置、また後述する関連品も含まれる。
※テキストはWikipedia より引用しています。

東京の世田谷などで新居を着工する人は、多くいます。世田谷などで新居を着工する前に外構デザインを確定しておくことはメリットがあります。 メリットとして、まず外構デザインに意識を向けた住宅設備のセッティングが可能となります。 外構の外観にまつわる設備として一般的なものに水量計や排水マスがあげられます。 世田谷などで着工する際に、施主よりきちんとした指示がない以上、ハウスメーカーがそういったものをセッティングする際に、配置の平易さを一番として考えることから、完成した後の外観に留意し位置を微調整することなどありません。 そのせいで、後に家の顔である玄関のアプローチに水量計などが集中してしまうことは少ないとは言えません。 ハウスメーカーの設計で、玄関周りに水量計が多く集中し、玄関前の外観が悪くなっても、着工する前であれば、ミーティングを実施した上で位置を変更することができます。また、 メリットとして希望に沿った外構にかかる予算を確保することができることがあげられます。 あらかじめ理想たっぷりの外構を可能にするのに必要な額を意識し、それを実現できるようにしておくことによって、その結果外構工事を譲歩してしまう危険性を回避することができます。 ハウスメーカーのセールスマンは、住宅に関する知識が豊富と言われていますが、外構工事にあたっては、知識がそれほどないのが現実の姿です。 その影響で、外構工事について相談をされたシーンで、金額や内容がわからないことから、費用は100万で十分ですと応える事が少なくありません。しかしながら、それ相応の外観を外構に求めるならば、100万円では現実にできないのが実際の姿です。 ハウスメーカーのセールスマンが以上のように説明する一つの要因としては、外構の予算を小さくし、家本体の価格をオプションなどによって上げたい事が引き金となっています。もうすでに予算を建物に奪われてしまった後では、希望するような外構を可能にするのは困難が伴います。 外構で妥協しないよう、あらかじめ外構費用を予算化しておくことが大事になってきます
【関連情報:外構工事 世田谷