サガミ巧芸

神奈川の会社・店舗・事務所・工場などの看板デザイン、製作、施工の事なら何でもご相談ください。弊社はオリジナルのアイアンサイン、木調風特殊パネルやカルプ文字、LED薄型突き出しサイン等「あなたの街にひとつの看板」をご提供します。

看板の関連情報

看板(かんばん)とは、宣伝、広告等のために使われる、木、プラスチック、金属(ステンレスなど)等、ある程度耐久性のあるものを材質とした、通常は板状の物体。近年では低コスト・高耐久性のあるアルミ複合板が広く使用されている。 主に屋外に使用されるものを指すことが多いが、広義では室名札やディスプレイ用のパネルなど屋内で使用されるものも看板と見なす。英語ではsign(サイン)と言い表され、「標識」「目印」といった意味合いを持つことから、宣伝、広告の意味以外にも、見るものに対し、何らかの情報を伝えるための表示物と捉える場合もある。
※テキストはWikipedia より引用しています。

平塚の街の中を歩いていると、さまざまな看板を見ることが出来ます。大きなものから小さなものまで、あるいは漢字で書かれていたりアルファベットを使用していたりと多種多様です。そのような状況の平塚で効果的な看板を作るためにはデザインを始めとして考えなければいけないことはたくさんあります。数え上げたらきりがないほどの大切なことを素人が整理して看板製作に活かすことは至難の業になります。事実上不可能と言ってもいいくらいです。そこで、その大変な作業をやりきるために大切なのはパートナー選びです。パートナーには通常看板の製作を依頼する会社になってもらうことになります。分からないことが多くある分野における専門家としてのパートナーですから、提案力のあるところを選びましょう。どこの会社でも言いそうなことを言うだけの営業担当者よりも、独創的なことを提案してくれる担当者がいるところを選んだ方が可能性が広がります。どこの会社でも提案やアドバイスをしてくれますが、一般的で無難なことを中心にしているところが多く見られます。平塚に有る業者にもそういったところは少なくありません。しかし、一方で他にはないアイデアを提案してくれるところもあります。素人から見ると、どちらが奇抜でどちらが無難なのかの判断は難しい面もあります。その判断をするために大切なのがサンプルで、より多くの業者と打ち合わせを行っていけば、たくさんの提案を受けることになりサンプルを集めることが出来ます。それらのサンプルを比較すれば他の会社とよく似たものが多く見られるところと、他では見ることが出来なかったものが中心になっているところがあることに気付きます。後者の他の業者とは違う提案をしてくれたところが独創性の高い仕事が期待出来るところです。数多くある中に埋もれること無く存在感を発揮してくれる看板を求めるなら、そういった独創性のある提案をしてくれる会社を選んで発注することが大切です。
【関連情報:看板 平塚