キタザワ引越センター

キーワード無しの関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

引っ越しやオークションで家電を宅配しないといけない機会があります。大きさや重さによって最適な梱包を行いましょう。家電はデリケートな作りになっているので衝撃を与えるのは厳禁です。破損の内容に梱包してください。特に大型の物は大手宅配業者による家電宅配サービスを利用する人が多いでしょう。希望した日時にスタッフが自宅を訪問して梱包を行ってくれます。搬出から配送まですべて任せられるでしょう。しかし、着払いはできないので、送料を算出して必要な料金を支払います。梱包は破損しないよう全体をエアキャップで包みます。箱の中に詰め物を敷き詰めてしっかり固定しましょう。分解可能なら分解してコンパクト化してください。もし着払いで送りたいなら専用の宅急便を利用すると便利です。通常の宅急よりも少しだけ安い料金になります。フリマアプリで出品している方は該当する配送で頼むとお得です。らくらく便やかんたんパックでは同一サイズで全国一律料金となっています。冷蔵庫などサイズが大きいものを依頼するなら家財宅配便が安心して頼めます。パソコンを運びたいならパソコンを扱う宅急便が使えます。精密機器用の専用ボックスが開発されています。もし1円でも安くしたいなら宅配業者の比較サイトを閲覧することをおすすめします。送料やサイズをまとめて比較できるので最安となる業者がすぐに見つかります。オークションで出品する場合、送料が高くつきがちなのはネックです。出品者だとこちらの負担が大きくなり、購入者負担だと落札されない恐れがあります。出品者が可能なら「直接引き渡しでも行えます」と商品説明の部分に記載しておきましょう。購入者がエリアに住んでいれば直接取りに来てもらえます。梱包や配送の手間が省けて双方にとってメリットでしょう。直接対面するので渡す際にトラブルになってしまうこともあり得ます。他の誰かに立ち会ってもらうなど十分に注意をしましょう。
【関連情報:家電 宅配